FC2ブログ

kazuの心おぼえ

フィギュア制作日誌!らしきもの?だった!?ハズなの。。

盛って作ってみようの第六回目

第四回、第五回につづき今回も「頭」作りです。
頭ばっかりやっている気がします? うん。たぶん予定では第五回でもスカルピーに触れるはずだったんだよね~ (゚ω゚;A) 微妙~に遅れてきたかな?

さて、授業も残り半分、頑張っていきますよ~!

エポパテがスカルピーになっただけで、作り方は全く同じです。
、、、説明が終わってしまった。。。

作り方の説明は以上なので【Read More・・・】は個人的な感想とかです。。。

スカルピー! 凄くイイです!!
ポリパテ、エポパテと比べると、圧倒的に作り易いです!!

エポパテと比較すると↓
●付け足したり引いたりしやすい!(少し柔らかいから)
●ベタベタしない! 手にくっ付いたりしません。
●いつまでも弄っていられる!(焼いて固めるため)

材料が使い易いので、初心者でも「画像1」まで30分もあれば作れます!!
(✪ฺД✪ฺ) スゲー!!


画像1(コワキモイ。。)
スカルピ01


「画像1」まですぐにいけるので失敗しても、またいちから作る気にもなります☆
作れば作るほど上手くなります!
途中で飽きても、ほうって置けます!!
前日つくって、翌日5分いじってとか出来ます!
因に「画像1」は3個目の顔です。
1個目はエポパテのアノコ。
2個目は輪郭いじってたら壊しちゃった。



画像2(今は、似てるかどうかは置いとこうね…)
スカルピ顔02


「画像2」まで来るのには3、4時間かかってます。
3時間と4時間じゃ、60分も誤差があるね! でも、そんなの他の材料で作っている時に比べたら、微々たる「差」だよ!!
驚異的なスピードで「画像2」まで辿り着いてますよ!!!!!

この後は、
耳を付ける>>表面処理をする>>焼く(完成!)
と、なります。

スカルピーはポリパテと違い、サフェーサーを吹く必要がないのでとっても楽っぽいです!
サフェーサーを吹かないって事は焼いたら本当に完成なんですよ!
なので、焼く前に表面を綺麗にしておきます。

表面処理の方法を紹介します☆
●エナメル塗料(溶剤)X-20を筆でペタペタすると、スカルピーが溶けます。
耳など、後から盛り足した部分の境目を溶かして綺麗にしたり。

●ベビーパウダーでなでると表面がツルツルに!
指先につけて凹凸や指紋が見える部分をなでましょう。

もともと盛り足し部分が綺麗になじむ素材なので綺麗になりますょ!


次は焼き方です!
●説明書(まだ読んでない…)には130度で10~20分焼くと書いてあるらしいです。
ですが、焼き加減をチェックしながら倍の時間~1時間くらい焼く方が良いみたいです。
私はまだ焼いた事がないのでワカリマセンが、弱火(?)で長く焼いた方が失敗が少ない(?)みたいです。
ここでいう失敗とは焦げる事です。
スカルピーは焦げるとパラパラと崩れてしまうらしいです!!∑(゚□゚;)ガーン
↑これ、私には地味にショックでした(笑)

●焼く道具ですが、トースター、電気ヒーター、ホットプレートなど、色々使っているもよう。
トースターと電気ヒーターは安いものは同じくらいの価格でした。(3千円くらい)
原パっちゃん的にはトースターやホットプレートはご飯が焼けなくなるので、電気ヒーターをオススメとの事でした。
価格が同じ位なら電気ヒーターが良いと私も思いました☆
ただ、、何を買っても置く場所がね~。。

●焼き加減ですが、お肉やお魚じゃないので中まで全部火が通る必要はないそうです。
指で触ってみて表面が固くなっていたらOKみたいです。


長くなってきた。。読む方は頑張って読んでみてね (´△`;)


さて。上~の方でスカルピーの良い部分を語りましたが、もちろん悪い部分もあります。
エポパテと比較すると↓
●強度が弱い。(芯や、髪の毛の尖った部分には不向き)
●焼いた後はくい付きが悪い。削りもイマイチなので焼く前に完成型にしておく。

●フタル酸エステルが体に悪いみたい。
原パっちゃんはスカルピー触ると吐き気をもよおすらしく、こまめに手を洗っていました。
特に女性には本当にオススメしていませんでした。。

●長期保存はNG。
経年変化する材料らしく、焼いた後も少しづつ小さくなっていくそうです;; ヒビが入ったりします。
なので原型ができたら、複製をサクサクとりましょう。
↑これも私的にショックでした。。1作目の「おなご」が1年経った今でも完成していないので。。。スカルピーで作ったら最初に作っていた物は完成する頃にヒビが入っているかもしれないょ。。。


スカルピーの種類。
●グレイスカルピー/454g <<初心者向けです。(ヨ○バシだと1840円)
●プリモスカルピー/454g <<銀色があるので上と間違えて買ってしまう初心者さんも。。

「グレイスカルピー」は灰色なので、サフェーサー吹かなくても吹いたように見える!
「スーパースカルピー(ベージュ色)」より「グレイスカルピー」の方が焼く温度に幅があるので焦がしずらい。
「プリモスカルピー」は高い。質感もゴムっぽく盛り足すのが難しい。

こんなものかな~?(゜ω゜)
[ 2009/03/31 10:45 ] 塾の事 | TB(-) | CM(5)
メリットデメリット
有害でなければ
凄い最高の素材に感じてしまいました!!
サフ吹かなくていいなんて!!
そして造形のしやすさ!!
最高です☆
・・・・がやっぱり女性にはオススメしないのですね・・・・
自分では多分今後も使えないと思うのですが
とっても興味深い素材です~~~☆
kazuさんの製作過程も楽しみです~~!
[ 2009/04/21 10:50 ] [ 編集 ]
ホントそうだよね~(´・д・`)
私も詳しくは理解できてないのですが、フタル酸系可塑剤っていうのが環境ホルモン的なものみたいなんだよね。
そのうち(何年後かわかりませんが)使用規制されるだろうと。使用規制されたら新しいスカルピーが産まれてくるはずなので、それが出たらためしてみるのは良いと思います☆
ただ、使い易くなるか使いずらくなるかは未定ですよね! って原パっちゃんが言ってました!

私は使い易いからスカルピーでもいいかな~とは思いました。電気ヒーターも3千円くらいで購入できるし!
でも、収納場所がないんだよね (;´-`)....。

あと、ポーズ付けを手伝ってくれたお嬢さんが、スカルピーの可塑剤を抜く薬(?)を使ってました。たしか。
そうすれば害も少なくなるのかも! でも、可塑剤を抜くと固くなるみたい。。でもでも、そんな時はエナメル塗料を足して練ると柔らかくなるみたい! しかし。。柔らかくなりすぎるみたい (´・ω・`)

上手くいかないもんです。。。
[ 2009/04/21 10:51 ] [ 編集 ]
謎ですね
悪いという噂だけどー
http://www.kasozai.gr.jp/kurasi/kurasi05.html
ここのサイトじゃ「フタル酸エステルの急性毒性は、食塩や砂糖よりも低く」と。謎です。
とりあえず、焼くときに出る(焦げたら?)ダイオキシンだけは、注意ですね>換気ヨロシク
[ 2009/04/21 10:53 ] [ 編集 ]
Σ(●゚д゚●) !!!
さっそく見てきました~!!
情報ありとぅ~す(*´∀`*人)
謎ですね!
謎ですけど、一番注意しないといけないのはダイオキシンだったのかもー!!!?
ダイオキシンが出るっていうのは知らなかったです!! そうだったのか~!
まだ焼く道具を持ってないので、悩み中なんですが、フタル酸エステルがそんなに危険じゃないなら本当嬉しい事ですよね~!
うんうん。あくまで謎ですけど!(*∂v∂)ノ
[ 2009/04/21 10:54 ] [ 編集 ]
訂正~☆(是非一読を)
レスで「スカルピーの可塑剤を抜く薬」と書いてありますが、本日塾でお聞きしたら雑誌などに挟んで可塑剤を抜いたそうです!!
経済的にも体にもよさげですね!
でも、本当に固くなるらしくすすめないと言っておりました~

日記内にある焼き方で「弱火(?)で長く焼いた方が」と書きましたが、弱火なわけではないです。長く焼くのも電気ヒーターの場合なのかな?
本日、生徒さんと話をしてたらトースターで5分焼いたらバッチリだったそうです!
あと、焦がしてしまったのも見せてもらったのですが、崩れていなかったので、ちょっと焦がした位なら全然大丈夫なのかもしれないです!

デメリット部分で「焼いた後はくい付きが悪い」と書きましたが、スカルピー用の接着剤(?)的なものが売っているらしく、こちらを使用するととても綺麗になじんでくっ付いてくれるそうです!こちらの情報は直接私が聞いたわけではないのですが、とても良いとの事でした~☆

私自身が体験してない事なので、断言できませんが、やっぱりスカルピーは大好評のようです☆
[ 2009/04/21 10:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する